シグナリフトは幹細胞培養液なの?幹細胞美容液なのか検証してみた

成分

シグナリフトは幹細胞培養液なの?幹細胞美容液なのか検証してみた

◆幹細胞とはどういう意味なの?

幹細胞とは細胞のもとになる細胞です。ひとの細胞は60兆個。幹細胞自身が細胞分裂ができて、個別の細胞に分化できる能力をもった細胞のことを言います。

また、幹細胞の特徴は、ヒフや血液などの体をつくる、さまざまな細胞に変化する能力(分化能)と、もうひとつは自分とまったく同じ能力を有する細胞に分裂する能力(自己複製能)という2つの特徴をもっています。

つまり幹細胞美容液(幹細胞コスメ)とは、ヒフなどの細胞を増殖させる働きを有する線維芽細胞(せんいめさいぼう)に直接働きかけて、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を増加させて、ターンオーバーの周期を短くし、肌組織を活性化させる未来型の美容液のことを言います。

 

◆シグナリフトは幹細胞培養液ではないの?

公式サイトでは「シグナリフトは脂肪幹細胞がもっているコラーゲンを作り出す働きを活性化させる美容液」と述べています。

セルソース社が開発したシグナペプチドは、肌の奥深くの角層内にいるサイトカインを通じてシグナルを発信させて、肌の自己再生能力を高める機能をもった新しい成分です。

ここで、幹細胞培養液とはヒト幹細胞培養液を原料にして、約200種類ものある成長因子を精製した再生美容成分のことを指します。

具体的に言えば、細胞の成長因子であるサイトカインやグロースファクターなどの成分が含まれている美容液のことを言います。

日本では発毛率90%以上と言われる発毛治療にすでに用いられています。海外、アメリカや韓国ではもっと進んでいて、もう一般的に化粧品に配合されているそうです。

 

シグナペプチドは直接の成長因子ではありません。

またシグナリフトにはサイトカインが配合されているという記載はありません。

 

しかし、エイジングケアの働きをもつ5つのグロースファクターを配合していると記載されています。これに加えてセルソース社が開発した新成分、シグナペプチドが含まれています。

結論として、シグナリフトはグロースファクターを含んだ幹細胞培養液であり幹細胞美容液と言える商品です。安心してください。

 

ちなみに、他の幹細胞培養液が含まれた美容液は2万円以上しますよね。

シグナリフトは半分のお値段で手に入りますよ。しかも、今なら初回は送料無料で2,980円でお試し頂けます。

 

>>今すぐ2,980円で進化した幹細胞美容液を試してください<<

 

成分
フォローする
シグナリフトは公式の方が楽天より激安で購入できます。効果を検証してみた~シグナリフトで忙しい40代の肌がよみがえったお話~